loveshot
女性を気持ちよくする最も効率的で効果的な方法といえば、媚薬を女性に飲ませること!

媚薬はエッチが好きでヤリたくてたまらない男子達にとってはなくてはならない必須アイテムといえるでしょう!

でも媚薬って以外とたくさんの種類があって、本当に効果があるのか微妙ですよね。

そこで、今回は超人気媚薬のラブショットの素晴らしい効果についてご紹介していきます!

売り切れる前に手に入れておいた方が絶対良いですよ!!

↓↓

ラブショットの詳細を確認する

ラブショットは催淫率98.6%の女性用媚薬

「LOVE SHOT SP -typeL-」は従来品の5倍以上の催淫効果を発揮するリキッドです。

女性の催淫率は98.6%に上るとされ、いわゆるお持ち帰りは100%可能なんだとか。

これは気になりますね。

でも一体どんな原材料から作られているのでしょうか。

副作用はないんでしょうか。

また使用上の注意や使用法も知りたいですね。

もちろんカスタマーレビューもチェックしたいところです。

順を追って見ていくことにしましょう。

ラブショットには媚薬成分がたくさん

「LOVE SHOT SP -typeL-」に含まれる主な成分は次の通りです。

・マカ

天然の精力増強成分で知られているマカ。ホルモンバランスを整える効果もあります。

・ザクロ

エストロゲンと似た作用があり女性をその気にさせてくれます。

・ヒハツ

最近注目されている植物で高い催淫効果を発揮すると言われています。

・ガラナ

古くから知られている精力増強成分です。

・馬プラセンタ

女性ホルモンの分泌を促す効果があります。

・トンカットアリ

植物由来ですが強い興奮作用があると言われています。

・スッポン

精力剤の定番であるスッポンも含まれています。

・原材料表

果糖ぶどう糖液糖、還元麦芽糖水飴、マカエキス、ザクロエキス、ヒハツエキス末、ガラナエキス、馬プラセンタエキス、大豆胚芽抽出物、トンカットアリエキス末、スッポンエキス末、シトルリン/香料、酸味料、保存料(安息香酸Na、パラオキシ安息香酸)、ヘマトコッカス藻色素、アルギニン(原料の一部に大豆 を含む)

ラブショットの安全性は?

「LOVE SHOT SP -typeL-」の成分は天然成分なので副作用の報告はありません。ただしアレルギーがある人は原材料表をチェックした方がいいでしょう。

仮に「LOVE SHOT SP -typeL-」を飲用して頭痛や吐き気、下痢などの症状があらわれた際には、使用を中止してください。

ただし繰り返しになりますが「LOVE SHOT SP -typeL-」による副作用の報告はこれまでありません。

ラブショットは使い方はとても簡単

「LOVE SHOT SP -typeL-」の使用方法は簡単です。

適量を水または飲み物などに混ぜればOKです。

もちろんアルコールに混ぜても変質することはありません。

むしろアルコールと同時に摂取した方が効果的です。

まずは数滴から試すようにしてください。

「LOVE SHOT SP -typeL-」は従来品の5倍以上の催淫効果があるので、効果を見ながら使用するようにしてください。

ラブショットの注意点は?

「LOVE SHOT SP -typeL-」の使用上の注意は以下の通りです。

・薬を服用されている方、通院中の方は担当専門医にご相談の上、ご使用下さい。

・食品アレルギーのある方は原材料表示をご参照ください。

・妊娠中もしくは授乳中の方は、ご使用をお控え下さい。

・幼児の手の届かない場所に保管して下さい。

・体質や体調により、稀に合わない倍があります。その場合は中止して下さい。

・本品は天然成分を主成分としておりますので、まれに色のバラつきや変化、オリなどが生じることがございますが、品質には問題はありません。

・開封後はキャップをしっかりと締め、なるべく早めにお召し上がり下さい。

保管場所については「高温多湿、直射日光を避け涼しいところに保管してください」となっているので、日本では冷蔵庫で保管するのが無難でしょう。

ただし間違っても冷凍庫には入れないようにしてください。

凍結すると変質してしまう可能性があります。

ラブショットを使った人の口コミ

それでは「LOVE SHOT SP -typeL-」のカスタマーレビューを見ていくことにしましょう。なお公平を期すため効かなかった人のレビューも紹介することにします。

カスタマーレビューは全てAmazonの評価なので注意してください。

 

・キリイ 2019年1月27日

自分(当方男)でも飲んでみました。飲んで10分くらいたつと、心拍が少し高まり10分くらいでもとにもどります。初対面の女の子にも飲ませたら、いい感じになれたので、なんらかの効果はあったかもしれません。ガラス瓶で少し大きめなので、扱いに気を使います。プラスチック容器の同様な商品よりは効果があるかもしれませんね。

・ぐっさん 2019年6月11日

はじめて使った時はやれましたが、2回目ダメ!3回目やれた!4回目やれた!たまたまだったのかもしれませんが、これを3滴くらい飲みものに入れて女性に飲ませると時間が経つにつれ顔がほんのり赤くなってくるのがわかりました。はじめは半信半疑で使いましたが、効果はあるなと思いました。

・髙橋 勇 2018年7月11日

半信半疑で購入しました。初めて使用した時は効果が出ているか分かりにくかったですが、時間が経つにつれて彼女の反応すごかったです。いつにも無く興奮度が高く「あれっ」と思うほど激しく動きまわっていました。とても楽しい時間を過ごす事ができました。アルコ-ルと一緒に摂取すると効き目が抜群でした。

・Amazon カスタマー 2018年2月21日

ばっちりききました。いつもの数倍興奮して、めくるめくひとときになりました。

・みー 2017年9月8日

私の場合、彼氏がお風呂に入ってる時に、コッソリのんでいます。確かに感じ方が違いイクときの感度が全然ちがいます。2本目、注文してしまいました。私には凄くよいとおもいました。

ただ副作用がないと書かれていますが、本当に副作用がないのか?だけが不安です。二回目、注文したのですが、パッケージの違う、中身も、透明のはずなのに、ピンク色の液体のものが届いて、返品しようとおもっています。

ラブショットの購入方法

「LOVE SHOT SP -typeL-」はAmazonや楽天からも購入可能ですが、品切れになることが多いのでやはり専門ショップからの購入をお勧めします。

こちらのURLから購入先に進んでください。

KING STORE
https://kingstore.jp/shopping/lp.php?p=k_00693&adcd=fingj2kyvpo&_xuid=xuidx6ec1f383bdx599&_fsc=11

字)

媚薬には長い歴史がある

媚薬とは性的興奮を高める作用を持つ薬の総称です。

その歴史は古く古代から様々な薬や食品が用いられてきました。

多くの場合、薬や食品の効果は個人差が大きかったものと考えられています。

食用となる野菜や果物、獣肉等の産地や知識に偏りがあった時代には、刺激物が成分として含まれる食材も媚薬と考えられていました。

ですから現代では一般的な食材であるタマネギなども媚薬に含まれていたことがあります。

前近代の時代の人々は現代人とは異なり、激性物質や化学物質に全く晒されていなかったことから、薬効が顕在化したのではないかとも考えられています。

いろんな種類の媚薬が存在している

媚薬を分類すると主に以下の様になります。

・催淫剤

性欲を亢進させる効果がある薬です。主に男性の精力減退の治療に用いられます。女性用にはフリバンセリンがあります。

・刺激性物質

注射または経口により摂取し、物質が尿内に残ることで、排尿の際に尿路から性器への刺激を期待するものです。大量に摂取すると毒物となる物質が多いとされています。

・性ホルモン剤

エストロゲンやアンドロゲンなどのステロイドホルモンの一部には性器を発達を促す作用があります。

・伝承薬

生薬や漢方薬など経験則などによって効能が認められている薬です。

媚薬効果のある食べ物も存在している

古来より媚薬として用いられてきた品々には次のようなものがあります。

・リンゴ、ザクロ

古代バビロニアではリンゴとザクロを用いた性愛の呪法がありました。

・イチジク

古代ギリシャ・ローマ時代には媚薬とされ、また国の豊かさの象徴ともされました。

・タマネギ

古代インドの性愛論書「カーマ・スートラ」では媚薬として紹介されています。

・イラクサ

イラクサも古代ローマ時代に媚薬とされていました。

・トリュフ

高級食材のトリュフも強壮作用があるとされていました。

・卵やチーズ

栄養価が高いことから強壮剤として珍重されました。

・甘草、カズラ、サトウキビ

貴重な糖分が取れる食材は強精薬として用いられました。

・動物の性器

ウシやヒツジの睾丸やアザラシやオットセイのペニスには精力増強作用があるとされていました。

・カカオやコーヒー

ココアやチョコレート、コーヒーには催淫効果があると信じられていました。

・アルコール

アルコールは人を酔わせ開放的にさせます。ただし大量に摂ると逆効果となります。

・バニラ

ごく少量ですが男性フェロモンと同じ成分が含まれています。

・イモリの黒焼き

古代インドやローマでもトカゲは媚薬・強精薬の材料として使われました。

江戸時代に使用されていた媚薬とは?

日本でも古くから媚薬は用いられてきました。実際に売られていた媚薬には次のようなものがあります。

・長命丸

元々は疲労回復のための強壮剤です。精力剤として販売されると大人気となりました。使用方法は男性の性器に塗布します。覚醒作用があったそうです。

・たけり丸

オットセイの性器を乾燥させ粉末にした媚薬です。精力増強の効果がありました。

・女悦丸

女性用の媚薬です。使用方法は女性の性器に塗布します。快楽が増大するという効果がありました。

・蝋丸

これも女性用の媚薬です。使用方法も女悦丸と同じです。

・イモリの黒焼き

イモリの黒焼きを砕いて粉末にし好きな相手にかけると相手が惚れてくれるというものです。

文学作品や音楽作品にも登場

媚薬は文学や音楽でも取り上げられています。いくつか紹介しましょう。

・ウィリアム・シェイクスピア - 『夏の夜の夢』

・ピエル・パオロ・パゾリーニ - 『カンタベリー物語』「第一話 貿易商人の話」

・メンデルスゾーン - 歌劇『夏の夜の夢』

・ワーグナー - 楽劇『トリスタンとイゾルデ』

・ドニゼッティ - 歌劇『愛の妙薬』

どうやら人類と媚薬は切っても切れない間柄のようです。

媚薬について紹介しました。

現代媚薬最強と目される「LOVE SHOT SP -typeL-」を試してみたくありませんか?

↓↓

ラブショットのの公式サイトはこちら

Copyright© ラブショットの口コミ評判は?本当に媚薬の効果があるの? , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.